協会について

●概略

1992年4月12日「日本映画スクリプター協会」を設立。設立と同時に日本映像職能連合(映職連)、メインスタッフ連絡会に加盟。協会員の地位向上と相互扶助を目指し、スクリプターの知識と技術を新人に伝承することを目的として設立。

1997年10月9日「協同組合 日本映画 テレビ スクリプター協会」発足。組合員の相互扶助の精神に基づき、組合員に必要な共同事業を行い、組合員の自主的な経済活動を促進し、かつ、その経済的地位の向上を図ることを目的として活動。現在に至る。

会員数 55名(2016年現在)

●主な事業内容

総会

毎年5月に総会を開催。前年度の事業及び決算報告を行い、よりよい協会運営のために話し合いを行っています。総会後には会員同士の交流を深めるために懇親会を開いています。

会報の発行

年2回発行。総会等の行事報告や協会員へのお知らせ、情報提供などを掲載した冊子を協会員及びOG会員、賛助会員へ発送しています。

販売

スクリプト用紙、取り込み用紙の受注販売を行っています。購入方法などはメニューバー【SHOP】 をご覧ください。

スクリプター講座の開催

毎年2月の中旬頃に東放学園の映画科と放送科の生徒を対象に協会員が講師を 勤め、講座を開催しています。一般の方も受講料を払って講座に参加できる場合もあります。

ホームページ

協会のホームページを作成、公開しています。